仮想化基盤は様々な用途に利用可能

仮想化基盤とは仮想環境上にオペレーティングシステムやアプリケーション、ハードウェアといった機能をソフト的に再現していくシステム全体を指しています。どのような場合に活用できるのかその利用方法は様々ですが、その一つとしてアプリ開発があります。


仮想化基盤を可能にするソフトは個人でも気軽に利用できるようになっています。

インターネットから入手可能で無料でソフトの開発メーカーからダウンロードできます。具体的な使い方はまず仮想環境にOSをインストールする必要があります。
OSのISOファイルはOS制作者のサイトから無料でダウンロードできるので簡単に入手可能です。


OSをインストールしたら通常の手順でOSの設定を完了させます。

そうしたらまずは仮想環境を仮想ディスク丸ごとコピーしてバックアップするのがいいでしょう。

Nutanix情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

バックアップしておけば不具合が生じた時にもすぐにはじめの状態に戻すことが出来ます。

そして開発したアプリを仮想環境上に移動し実行しましょう。



もしこの時に致命的なバグが混入していて仮想環境の中のファイルが壊れたりしても、仮想環境を実行しているホスト環境には影響を与えません。仮想環境の中で起きた出来事は外部に影響を与えないことが、仮想化基盤の特徴的なメリットになります。

仮想環境ではプログラムの実験を行うのに適していて、危険なコードを安全に実行できる便利なものです。

マイナビニュース関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

これを使うことで開発したアプリの動作を効率よく検証することができます。