仮想化基盤を使ってアプリ開発に役立てよう

この仮想化基盤とは、OSやそれに乗っかるソフトウェア、そして接続されているハードウェアを統合し全てを仮想環境上に再現するものを言います。

この技術を使うと旧来では難しかったOS環境を気軽に構築、または再構築が可能になります。



この仮想化基盤の技術はビジネスの世界だとサーバ分野で主に使われていて、その影響力と規模はとても大きい物があります。
この仮想環境を手に入れるのはとても簡単で、フリーソフトとして開発メーカーからダウンロードできるようになっていますので、個人でも入手しやすいです。
この仮想化基盤の技術を使うとアプリ開発時にも役立てることが出来ます。

具体的な方法としては、仮想環境ソフトをパソコンにインストールした後に、仮想環境を新規作成し、そこにOSをインストールします。

これで準備は完了したので後は開発したアプリをその中で実行してみましょう。

そうすると、通常と変わらずに仮想環境上でプログラムが起動します。

このように、仮想環境上で動かしたOSの中でもアプリの動作の実験が可能になります。


これの凄いところは、もしアプリが誤動作を起こしたりしても、パソコンには何の影響もなくノーリスクで実験できるという点です。

livedoorニュース使いやすさが好評です。

アプリ開発をしている最中はコードにバグが混入しやすいですから、実験場としての仮想環境がとても役に立ちます。

Nutanixをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

ポイントとしては、ブログラムを実行する前に仮想環境ファイルをバックアップしておくことです。

そうすれば、いつでも元の環境に戻すことが出来ます。