仮想化基盤の歴史とメリット

仮想化基盤の基盤とは、ソフトやハードなど物理的なコンピューターシステムのことで、そのコンピューターを一人が独占するのではなく多くのユーザーが支障なく使えるように統合、最適化することが仮想化です。
初めてコンピューターが世に出た当時は、その記憶媒体に一個のデータしか呼び出せず、同時に複数の作業が出来ないという環境下で非合理的な方法でしかシステムが構築出来ませんでした。

それではあまりにも効率が悪いため、1960年代頃からコンピューターが一台であっても多人数で共有できるシステムの開発が進められました。



そしてタイムシェアリングと呼ばれる技術などへと発展しました。これはハードウエアを使用者ごとに分割する多重化を可能にし、物理的機器であるハードウエアを隠して論理的なプログラムを構築し抽象化することでデータ処理を行うものです。
このようなノウハウは開発を重ねて現在のOSの登場を見ることになります。

仮想化の積み重ねがハイクオリティーなコンピューターシステムを作り出して来ました。

NAVERまとめに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

このような仮想化基盤を運用することで企業にとって様々なメリットを生み出しています。
大きなメリットはコンピューターを使用することに於ける安定性の確保です。



非常に複雑化するシステムの管理がスムーズに行えないと仕事は出来ません。
仮想化基盤の導入によってトラブルの原因をいち早く把握出来、元の状態に短時間で戻すことが出来ます。仮想化基盤は管理システムをも格段に向上させました。